​プログラム

ワークショップ・特別企画・
ランチョンセミナー etc

ワークショップ

BOMグループワーク『BOM悩み相談会』
オーガナイザー:
中熊 英貴(済生会熊本病院)  

熊本で開催しました企画の第二弾です。

また、新たに編成、発足しました医療情報委員会BOM部会のこけら落としの企画でもあります。

熊本の企画に参加したあなた、参加していないあなた、どちらも大歓迎です。

BOMを購入したけれど、導入できていないあなた。

BOMを導入したけれど、BOMの運用や可視化/解析で迷っているあなた。

 

さらに、

 

BOMについて悩みがあるけれど、打ち明けられていないあなた。

BOMについて質問したいけど、質問できてないあなた。

BOMについて言いたいことが山ほどあるけど、言えていないあなた。

 

このワークショップでは、BOMの疑問や悩み、質問、要望を共有し、楽しくディスカッションしながら解決に導く企画です。

部会メンバーも参加しますので、BOMの疑問や悩み、要望をぶつけて下さい。さらに、BOMに精通したメンバーも参加しますので、適切なアドバイスを生で聞くことも出来ます。

 

なお、パス概論などの説明はありません。基本的なパスに関する知識のある方のご参加をお願いいたします。

​セッション概要

特別企画

あなたの施設でパスが普及しない理由(わけ)を教えます!
ーStart with Why(先ずホワイより始めよ)ー
オーガナイザー・座長:
吉田 茂(医療法人 葵鐘会)  
岡田 晋吾(北美原クリニック)  
吹矢 三恵子(福井総合クリニック)  
今田 光一(若草第一病院)  
演者:

​セッション概要

 人間の行動や理念には、What、How、Whyの3つの段階があるといいます。多くの人はWhatを知っており、いくらかの人はHowを知っていますが、Whyを知る人は少ないです。ヒトは、脳の中心部でWhyを理解(共感)し、外側の大脳皮質でWhatを言語化して行動するそうです。なので、最初にWhatを教えられて、やるべきことは分かっても、Whyの理解(共感)がないと「どうも納得感が得られない、腑に落ちない」という状況に陥ります。

 一方、形(かた)を学び、あとから心が身に付く、いわゆる「形から入って心を学ぶ」という考え方もあります。しかし、ここで問題なのが、最近のクリニカルパスの「形」が「電子カルテ(電子クリニカルパス)」になってしまっていることです。以前のように、自分たちで紙のクリニカルパスを作成し運用していた頃は、多くの気付きや共感が得やすかったと思うのですが、最近の電子クリニカルパスのセットオーダーやアウトカム評価・バリアンスチェックを何度使用しても、そこから「心に至る」ことは稀だと思います。

 私は「大切なことは、クリニカルパスというツール(形)を使ってパス医療を行うこと、その背景にはパスマインド(心)を持っていること」だと考えています。パスマインドは「常に改善の姿勢と科学的な思考を持ち、チームの一員として患者に最適かつ優しい医療を提供しようとする心」と定義しています。

 この企画では、パス創世記の先駆者たちが、どのような心を持って、なぜ(Why)パスを始めたのかを深堀りしたいと思います。

 あなたの施設でパスを普及させるための合言葉は「Start with Why」!

​未定
優秀英語論文賞報告  

書き方セミナー

​セッション概要

未定

未定(未定)
私でも書ける初めての実践報告
高﨑 美幸
座長:
下條 隆(羽島市民病院)  
瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
​演者:

​セッション概要

未定

未定(未定)

論文発表

​セッション概要

未定

村木 泰子(東海大学/NTT東日本関東病院)
座長:
田中 良典(武蔵野赤十字病院)  
​他プログラムはこちらから