​プログラム

招請講演

演者:江崎 禎英
(社会政策課題研究所 所長/岐阜大学客員教授)

​セッション概要

 豊かな人生を送るために、「健康」が大切なことは誰もが理解しています。また、健康であるために「予防」が大切なことも誰もが知っています。しかし、予防政策によって医療費は減らないことは、医療経済学の常識でもあるのです。経済の豊かさと医療技術の発達によって、日本国民の平均寿命は延び続け、今や「人生100年時代」が単なる希望的スローガンではない時代が訪れつつあります。しかしその一方で、高齢化の進展とともに、医療費を始めとする社会保障費は拡大の一途を辿っており、経済活動の低迷と相まって将来に対する大きな不安材料となっています。

日本の社会保障制度は、戦後復興・経済成長期に基本設計がなされており、「国民皆保険制度」は、結核に代表される感染症が死因の上位を占めていた時代に整備されたものです。その後、経済成長に裏打ちされた社会保障の拡充や国民皆保険に支えられた先進的な医療技術の導入・普及は、自立して生活できない虚弱なお年寄りを大量に生み出すことにもなりました。

人生100年時代と言われる今日、最期まで如何に幸せに「生ききる」かが重要なテーマであり、誰もが夫々の年齢や体力に応じて社会の一員としての役割を果たすことが出来る「生涯現役社会」を構築することが求められます。そのためには、年齢が進むにしたがって多様化する「健康需要」に対応するためのサービスを創出し、地域資源を活用しながら地域の実情にあった供給体制を整えていくことが必要です。

 人生100年時代の健康・医療サービスでは、「病気にならないよう健康管理に努め」、「仮に病気になっても重症化させず」、「治療や介護が必要になっても社会から切り離さない」ことが重要です。こうしたサービスの提供には、公的保険だけでなく、民間による公的保険外サービスの充実が不可欠です。また、生涯を通じた健康医療介護情報システムの構築なども必要でしょう。

 これら一連の取り組みを通じて、超高齢化社会のあるべき健康・医療システムを再構築することが、時代の転換期にある日本社会の課題なのです。

​理事長講演

​演者:​山中 英治(若草第一病院 院長)  

​セッション概要

​後日公開

​会長講演

演者:松波 和寿
(社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院 病院長)

​セッション概要

​後日公開

​他プログラムはこちらから